• カンキツ摘果シート

  •  〇商品特徴


     

    ・カンキツ摘果シートは、カンキツ栽培における重労働のひとつである、摘果作業を省力化するためのシートです。

     シートを樹冠上部に被覆することで、適度な保温調整と上部遮光効果により生理落果が促進され、

     それにより樹冠上部摘果作業の手間が省かれます。

     また、落果後に発生する夏芽が翌年の結果母枝として成長することで、隔年結果の是正にもつながります。 

      

     

     

    ・カンキツ摘果シートは遮光性・透水性・耐久性に優れたシートです。また、シートの端部にはホツレ防止加工が施されております。

    ・気象状況に応じて、ホワイト面(熱吸収率 低)とブラック面(熱吸収率 高)の使い分けが可能です。

      開発:JAながみね しもつ営農センター

     

     

    〇品番・仕様・規格


      ※その他サイズの加工も承ります。

      ※お客様のご要望に応じて、ハトメ・ボタンホールメッシュ・ロープ取付等のオプション加工も承ります。

     

     

    〇被覆時期の目安


     
     

     

    〇樹冠上部へのシート被覆作業手順


      

     ① 四隅へのロープの取り付け 

       

       ・シートの四隅にハウスバンド等の固定用ロープを取り付けます。(ロープの長さ:1.5m~2m)

       ・結び目を作ることで、四隅に内ポケットができます。

        (動画では、結びやすく、解きやすい簡易的な取付け方法をご紹介します)

     

              
      

     動画が視聴できない方は こちら>>>

      

     ② シートの被覆・固定 

     

       ・突起の付いた竹竿等を、四隅の内ポケットに引っ掛けます。

       ・シートの手前端部と竹竿を旗状に握り被覆します。

       ・被覆したシートの四隅に付いたロープを引っ張り、枝に固定します。

     

              

     

     

     動画が視聴できない方は こちら>>>

      

     ③ 四隅以外の中間部の固定

       

       ・四隅以外の中間部にもロープを取り付けて浮き上がりを抑えることで、遮光・保温効果が向上します。

              

     

     

     

     ※ 枝への固定方法

      

       (動画では、固定しやすく、取り外しやすい固定方法をご紹介します)

     

               

     

     動画が視聴できない方は こちら>>>

     

     

     尚、上記は基本の作業手順のご紹介でありますので、設置方法は現場の状況に合わせて工夫をお願いします。

      

     

    〇カタログ


     

    ・カンキツ摘果シート

    ダウンロードは こちら>>>

     

     

     

    〇注意事項


      

     ・カンキツ摘果シートは、柑橘類の樹冠上部にシートを被覆する事で、生理落果を促進させ、摘果作業の省力化を図る為の資材です。

     ・満開後の生理落果期(5月中旬~6月下旬)を被覆時期の目安として下さい。

     ・シート被覆により、樹冠上部は10~12日頃で落果するので、落果後は速やかにシートを取り外して下さい。

     ・上部1/2~3/5程度の落果が望ましく、残った果実は手作業で摘果してください。

     ・落果後に発生する夏芽が翌年の結果母枝となる為、隔年結果の是正につながります。

     ・被覆期間が長くなると、落葉したり、枝枯れを起こす可能性があります。

     ・土地、気象条件、品種 等の違いにより、シートを被覆した際の生理落果の効果が異なる場合があります。